Histórias de sexo grátis

ゆきなの昔話⑤(再UP)

「Iちゃん!!!」

私は彼女の名前を叫ぶと、そのまま彼女の手を握りさっき来た林道側入り口へと走る。

私達が林道側入り口に到着するよりも早くグランド内に入ってくるバイクの集団。
どうも地元の高校生らしき彼らはグランドから出ようとしている私達に気づいたようである。
何を言っているのかはエンジン音にかき消されて良く聞き取れない。
ただ彼らが仲間に対し何かを叫びこちらにバイクを走らせて来るのが分かる。

後ろから来るヘッドライトの光が私達の前方に照らされると、そこには全裸の自分たちの姿が影となって映し出される。
完全に彼らに見つかった私達。
彼女の手を引き林道入り口に向け走るが、足がもつれて転倒するIちゃん。

私はすぐに彼女の元へ駆け寄るもパニックに陥っている彼女は自力では立ち上がる事が出来ない。
私達を追い越し、林道側入り口前を塞ぐバイク。
その後次々と集まる彼ら。
私達は周囲を完全に囲まれ逃げる事が出来なくなる。
私達を取り囲むバイクのヘッドライトが全周囲から私達を照らし出し夜のグランドに全裸の姿がライトアップされる。
私達はその中心でお互いの前を隠すように抱き合ったまま身動きが取れないでいる。
逆光の為彼らの顔を確認することは出来ない。
ただ光の中から数人が私達に近づくのが見える。
近づく人影。
その中の数人がIちゃんを私から引き離す... Continuar»
Comentado por yukinax 28 dias atrás  |  Categorias: Sexo lésbico, Primeira vez  |  
6987
  |  
86%
  |  2

ゆきなの昔話④

その日から私とIちゃんの間には妙な連帯感のようなものが生まれました。
お互いに共通の秘密が出来たというのが大きいかもしれません。
彼女は少しずつミニスカに耐性が出来始めたようで、私の家に来てからウエストのところでスカートを2、3回折り返し
自前のミニスカにして過ごすようになりました。

もちろん、家の中で遊ぶ時はお互いにいつもノーパン・・・。

7月も終わりに近づき近所の団地で地元自治会主催の夏祭りがありました。
私はIちゃんを誘い夕方の6時頃に彼女の家に行くと、そのまま団地の祭り会場に行きました。
私は例のフリフリミニ、Iちゃんはデニムの膝下丈のフレアースカート。
彼女と合流した後、祭り会場に行く前に別の公園のトイレによると、彼女はスカートをウエストのところで折り返し股下数センチのミニにする。
Iちゃん 「ちょっと短すぎかな?」
私  「良いんじゃない♪」
股下数センチの長さまで巻き上げた彼女。
前屈みになったら確実に見える長さ。
公園のトイレを出て他の友達が待つ祭り会場へと急ぐ。

「ユッキー、スカ―トなんて珍しいじゃん♪」
「Iちゃん、ミニなんて穿くんだ♪」

クラスメートの女子達が私達に話しかける。

「夜だからね(^^;」

意味不明な私の返事に「?」となる友人一同。
私たちはそのまま皆で屋台を回り、自治会のイベントを見た... Continuar»
Comentado por yukinax 1 mês atrás  |  Categorias: Masturbação, Sexo lésbico, Primeira vez  |  
4863
  |  
53%
  |  2

ゆきなの昔話③

「今度ゆっくり話そ♪」

別れ際のIちゃんのその一言がずっと頭から離れず、その日の夜はなかなか眠れずにいました。

『どこから見られていたんだろう・・・。いつからあそこにいたんだろう・・・。Iちゃんは何をみたの?』

そればかりがぐるぐると頭の中をよぎり、気が付くと自宅の一階からの生活騒音は聞こえなくなり家の中は静まり返っていました。

足音を立てない様にゆっくりとベッドから出る。
窓のカーテンを開けると、窓の外には月が見える。
私は音を立てない様に窓を開けるとそのままベランダに出る。
夏の夜とはいえ、その日は比較的涼しくて夜の風が心地いい感じでした。

その頃の私はパジャマを着ておらず、冬はトレーナーにジャージのズボン。
夏は長めのTシャツ一枚で寝ていました。

Tシャツ一枚姿でベランダに出ると、家の壁に反射した風が足元から上に吹き上げる。
Tシャツの下側から全身に風が当たり、一瞬ブルッと震える。

実家のベランダは当時の私の身長だと、手すりの高さが顎下ぐらいで家の前の道からでは辛うじて顔がみえる程度。
私はしばらく夜風を浴びたあと、おもむろにTシャツの下のパンツに手をかける。
ゆっくりとパンツを脱ぐとアソコが何だかムズムズしてくる感じがし、私はその場にしゃがみ込むと一気に着ていたTシャツも脱ぐ。
外からは見えないとはいえベランダで全裸... Continuar»
Comentado por yukinax 1 mês atrás  |  Categorias: Fetiche, Sexo lésbico, Primeira vez  |  
3409
  |  
100%
  |  1

ゆきなの昔話②

S4のあの日以来、肌を露出する服をあまり着なくなった私。
スカートを穿く事は、休みの日に母が私の服をコーディネートした場合と部屋着の場合を除きほとんどなくなりました。

S5になった新学期の日。
転校生が紹介されました。
その子を仮に「Iちゃん」としましょう。
彼女は父親の仕事の都合で転校してきたそうで、ほとんど口を開かない大人しい女の子でした。

彼女の家は私の家の近所の新興住宅地にある家で、登下校の方向が同じという事もあり一緒にいる時間が自然と増えました。
Iちゃんは外見も服のセンスもお手本のような女の子で顔も可愛く、たまに発する声もとても可愛らしい声でした。
そんな彼女はいつの間にかクラスの男子の間で隠れファンが出来始めるほどでした。

1学期の最終日。
私はいつものようにIちゃんと別れ帰宅。
お昼を食べ終わり一人部屋でゴロゴロしていると階段の下から母に呼ばれました。

「あんた体操着は?」
「あ。わすれた・・・。」

時間を見ると16時頃。

「早く取りに行かないと校舎閉まるよ!」

母に促され私は家を出ました。
普段だとズボンに穿き替えるのですが、その日はなんだか着替えるのが面倒で、私はデニムのミニスカのまま学校に向かいました。

校舎に近づくにつれ、段々とトイレに行きたくなる私。
漏れそうなのを堪えながら学校に到着。... Continuar»
Comentado por yukinax 1 mês atrás  |  Categorias: Masturbação, Fetiche, Primeira vez  |  
3704
  |  
100%
  |  4

ゆきなの昔話①

外で裸になるのって気持ちいとは思いませんか?
これから私がそんな露出好きになった経緯をお話します。

私が初めて意識的に野外露出をしたのはS4の時でした。
その頃スイミングスクールに通っていた私は誰でも経験のある家から服の下の水着を着て行くということをしていました。

その日、いつものように部屋で着替えていた私は床に落ちているパンツに気づいていました。
でも、どういう訳かそれを拾わず部屋を出たのです。

今になってもなぜあの時に拾わなかったのか分かりません。
ただ
「パンツ落ちてる・・・。」
と思っただけでそのまま部屋を出たのでした。

その行為にやばいと気づいたのはスクールが終わった後。
その日はお気に入りのフリフリミニにキャミ。
上着に前開きのパーカーを着ていたのですが、いかんせんスカートの丈が短すぎ。
普段は見られても良いように下に短パンを履くのですが、その日は短パンどころかパンツすら無い状態。

「これって見えるかも・・・。」

そう思いながら水着を脱ぎ着替える私。

以前にもパンツを忘れたことはあったのですが、今までだと服の下に濡れた水着を着たまま上から服を着て帰っていました。
でも、その日はなぜか水着を脱ぎノーパンのままスイミングスクールを出たのです。

外はすでに秋の空。
もうっすらと暗くなり始めていました。

... Continuar»
Comentado por yukinax 1 mês atrás  |  Categorias: Masturbação, Fetiche, Primeira vez  |  
3876
  |  
100%
  |  3

夏休み

私が中学2年生の夏休みのことだった。

父のすぐ下の妹(私には叔母)の家に泊まった時のことだ。

私は父親に頼まれて、海外旅行のお土産を叔母夫婦に届けに行った。

当時叔母達は30代後半くらいだったと思うが、叔母には子供がなく、私たち兄弟は小さいころからよく叔母の家に泊まりに行っていた。
だから叔母とは、親戚の叔母さん以上の間柄に感じていた。

叔母も自分の子供のように可愛がってくれていた。
お昼過ぎに叔母の家に着くと、叔母が「よく来たね、入りなさい」と言った。
叔父は出張で3日後に帰ってくるとのことで留守だった。

叔母は「暑かったでしょう、お風呂で汗流しなさいよ」と言われ、私はちょっとめんどくさかったけど
「わかった」と言って、風呂場に向った。

当時叔母は公団住宅に住んでおり、2DKの狭い所だった。
風呂も脱衣場などなく、狭い廊下で服を脱いだ。
パンツを脱いだところで、急に叔母が私の所に来た。
私は急いで脱いだパンツで前を隠した。
叔母は「あら、隠さなくても良いじゃない。小さいころ一緒にお風呂に入った事あるじゃない」と言って笑った。
私は「何言ってんだよ、小さい頃の話だろ」と言って、風呂に入った。
風呂の中でパンツを脱ぎ、湯船に溜まっているぬるま湯で身体の汗を流した。
当時はほとんどの家でまだシャワーなどついていない。前の日の残り... Continuar»
Comentado por hmatsu 8 meses atrás  |  Categorias: Primeira vez, Maduros  |  
42907
  |  
21%

初めては姉

俺が中3の頃、実家を建て替えるとかで狭いアパートに仮住まいしたときがありました。
そのアパートは親子4人で住むには狭すぎるので、2部屋借りていました。
部屋の間取りはいわゆるワンルームマンションで1~2ヶ月の辛抱だからと父母・姉俺で1部屋ずつあてがわれていました。

食事は父母の部屋でしていました。
俺たちの部屋には最低限の荷物しか持ち込んでいないつもりだったのですが、有効スペースは3畳程度、布団が2組ギリギリ敷ける程度でした。

姉は高2、俺の中では異性の対象。そんな姉が隣で寝てるとなるとこちらはぐっすり眠れません。
数日は我慢したのですが、とうとう我慢できず姉に抱きついておっぱいをもみました。
最初はすごく抵抗されましたがすぐになされるがままとなり

『今日だけだからね・・・。』

とGOサイン。
姉は体験済みだったらしく、ディープキスして、そのあとお互いにスッポンポンになり、姉の持っていたゴムをはめ、やっちゃいました。
その日だけで半ダースのゴムつかっちゃいました。

しかしながら1日だけではもちろん収まらず、毎日姉と裸になってやってました。
普段の生活はごく当たり前の生活で、普通の姉弟としてテレビを見たりチャンネルを争ったり、勉強したりで・・夜、電気を消すと合図のようにすっ裸になり、カラダを重ねあう姉弟以上になっていました。

その後... Continuar»
Comentado por vinylraincoat 1 ano atrás  |  Categorias: Primeira vez  |  
83792
  |  
99%

男友達

男友達とセックスしてしまった。
本当に、ただの「とても気が合うお友達」だったのに。

高校1年生の不安いっぱいの春、知っている顔よりも知らない顔の方が多い新しいクラスで、彼はめいっぱい人なつっこい笑顔でわたしを迎えてくれた。
どっちも新入生だから「彼が迎えてくれた」というのはおかしいけれど、わたしにはそう思えたのだ。
そしてわたしはなついたのだった。もしかしたら、彼でなくも良かったのかも知れない。

けれど、1年が過ぎた春、わたしにとって彼は「彼でなくてはダメ」な存在になっていた。
というのも、ある日わたしは気が付いたのだ。
彼の笑顔は、誰に対してでも向けらているものではない。
わたしだけのものだった。
でもわたしは彼に対していわゆる「恋愛感情」というのが持てなかったので、もし告白されたらどうしようかとずっと思っていた。

告白されて好きになる、というのは良くあることだけど、わたしと彼とが二人で作り上げてきた親密な友達関係の方が重くて、わたしはきっと受け入れられない。

「わたしのこと好きなの?」

って何度か訊こうとしてやめた。
それがわたしからの告白だと思われても困るし、訊いたことが原因で微妙なバランスが崩れるのも怖かった。
そのくせ二人のことがうわさになると、わたしはホンの少し彼のことが好きになりかけていた。

「迷惑なうわさだよね。... Continuar»
Comentado por vinylraincoat 1 ano atrás  |  Categorias: Primeira vez  |  
33285
  |  
73%
  |  1

Adriano

So kam meine Frau zu ihrem ersten fremden Mann ...

Meine Frau und ich sind nunmehr seit 7½ Jahren verheiratet. Vor unserer romantischen Hochzeit waren wir schon zwei glückliche Jahre zusammen. Der Sex mit meiner Frau war immer echt ok, aber auch nicht außergewöhnlich. Sie hat, wie die meisten Frauen, weniger oft Lust auf Sex als wir Männer und ist auch nicht wirklich experimentierfreudig.

Meine Frau kann sich zwar auch nicht wirklich für „dirty talking" begeistern macht es aber zumindest dann mit, wenn sie kurz vor ihrem Orgasmus ist. Da ich in dieser Hinsicht ziemlich viele und verschie... Continuar»
Comentado por tehoo 1 ano atrás  |  Categorias: Primeira vez  |  
20816
  |  
38%
  |  1

もう彼から離れられない

実は私も夫に内緒でもう11年、ある人との逢瀬を楽しんでいます。
会うのは大体月に1回~2回です。
仕事もしていますので、大抵火曜日か木曜のいずれかで会っています。
彼とは普通のメル友として出会いました。
住まいも近かったせいか、メール交換をし始めてから2週間後の3月6日に初めて会いました。

彼は私より1歳年下の人で、細身で、カッコよく見た目も好印象でした。
一緒にお食事し、お話を進めていくうちに、人柄の良さや話の面白さに引き込まれ、夕方帰る頃には(もう一度会いたい・・・)という気持ちになっていました。

2度目に会った時、3月15日木曜日でした。
市内を見下ろす公園の展望台で、いきなり唇を奪われました。
私も心の準備はできていたのですが、あまりにも唐突だったことと、
彼の手が胸に置かれてブラの上から乳房を包み込むようにされたことで、
思わず「嫌、やめて」と拒否する言葉を言ってしまいました。

「ごめん。いきなりで悪かったね。でも、この間君があんまり綺麗な人だったのでびっくりしてしまった上に、
また会ってくれると聞いてすっかり有頂天になっていた。君はこんなつもりじゃなかったんだね。」

そう言って静かに私から身を離す彼のばつが悪そうな、それでいてがっかりしたような顔を見てたら、堪らなくなって
「違うの、違うの。あたし... Continuar»
Comentado por bmw335i888 2 anos atrás  |  Categorias: Primeira vez  |  
47034
  |  
97%
  |  1

露天風呂で見せた

私は良(39歳)、妻は智美(34歳)、結婚10周年の記念に妻と二人、恋人時代のようにイチャイチャしてSEXもいっぱい楽しむために、九州の混浴温泉旅行に行きました。
ホテルの部屋に着くと私たちは夕食前に露天風呂を楽しもうと決めていましたので、二人とも衣服や下着を脱いで素っ裸になり浴衣に着替えて露天風呂に向かいました。
露天風呂には全裸で入ると夫婦で決めていたので、僕は脱衣所で浴衣を脱ぎ、素っ裸でタオルも持たないで風呂に入っていきました。
風呂には1組のカップルの先客がいました。40代くらいの熟年カップルが入っています。
私が素っ裸で入っていくと女性の視線が私のチンポに向けられました。
平常時のチンポは長さが11㎝あり、太さも4㎝くらいですが、このときは部屋で着替える時に妻がちょっかいをしてフェラをしてくれたので、チンポは半勃ち状態だったから長さが20㎝、太さが6㎝くらいの大きさになってダラリと垂れさがっていました。
私は隠さずに堂々としてました。しばらくすると妻が入ってきました。妻ももちろん全裸です。先客の男性の視線が向けられました、
妻の智美は私が言うのも何ですが、藤原紀香似のスレンダー美人だけど凹凸のはっきりしたグラマーな身体です。子供が2人いるけど体形は崩れおらずきれいです。体を露出するのが好きらしく、いつも大胆で超ミニのスカートや短パンを穿き、いつもノーブラで胸... Continuar»
Comentado por kankiten 2 anos atrás  |  Categorias: Hardcore  |  
87078
  |  
78%
  |  2

デカマラ爺さん

お仕事してきました。
今回はコンパニオンのお仕事をしてる、お友達の代打をしてまいりました。
内容は某有名会社の接待のお手伝いです。
早朝からのゴルフに同行し、お昼に有名料亭での会食、
夕方から某有名ホテルのスイートルームへ連れられ
そこでオジさん達に回されるという、お仕事の内容です。

このおじさんたちが結構なお年寄り様でして。。。
中には70近い方もおられwwww加齢臭がすごかった(;´Д`)
でも、下の方はまだまだ現役バリバリで
こっちが驚く程、何度も中出しされてました。
三人ほどお相手しましたが、どの方もお元気で
オマンコはもちろん、アナルにお口にこれでもかと
出すわ出すわ・・・・wwww

夕方4時頃から始まって、3時間ほど楽しまれてから
シャワーを浴びてルームサービスで夕食を頂きました。
ルームサービスといってもやはり豪華なディナーでして
9時頃まで時間をかけて皆さんと終始和やかに過ごし

その後二回戦目、Wヘッダー開始!

マスクをし口にギャグボールを付けさせられ・・・
そおSMショーです。

手足は革製の拘束具で縛られ自由を奪われた上
両足の先端に横バーを這わされて両足を閉じられなくされ
三人のオジさんのモルモットに・・・・

私もかなり興奮し、三人のザーメンを夕方何度も両穴に中出しされた
オマンコとアナルの... Continuar»
Comentado por lllnamilll 2 anos atrás  |  Categorias: Anal, Fetiche, Sexo em grupo  |  
87397
  |  
69%
  |  16
1